ルージュブラン・スタッフブログ
愛知県一宮市のゲストハウスウエディング結婚式場

3月21日
本日もここルージュブランで
新たなご夫婦が誕生しました

新郎 だいきさん
新婦 まなえさん

お打合せが進むにつれて
たくさんのお話をしてくれたおふたり

そんなおふたりの一日は
ファーストミートから始まります

それぞれ別のお部屋でお支度を進め
チャペルでご対面の時間です

だいきさんはご自身でご用意されたお衣装
まなえさんはお母様のお衣装を身にまとって
この日を迎えます

続くご家族様とのお時間では
普段伝えることのできない感謝のお気持ちを
しっかりと伝えて頂きました

そしてここからは挙式のお時間です

おふたりが選ばれたのは
教会式

厳かな雰囲気の中
しっかりと愛を誓って頂きます

挙式会場からご移動して頂いた後は
中庭でのお写真タイムです!

皆様での集合写真や
ご家族様ごとのお写真
たくさんの思い出を残して頂きました!

そしてここからは
お食事のお時間です

大人になるとどうしても
家族みんなと食卓を囲むことが少なくなってきます

久しぶりにみんなで食べる食事の時間は
笑顔で溢れていましたね*

ケーキイベントもしっかりと行いました!
ケーキの上には
おふたりの好きなぶーちゃんが乗っており
ケーキ入刀・ファーストバイトも行いました^^

こうして無事にお開きを迎えたおふたり
「楽しくてあっという間でした」
とお話をしてくれたことが
とてもとても嬉しかったです!

またいつかおふたりにお会いできること
楽しみにしています!

本日は本当にありがとうございました!

おふたりの担当プランナー
河北 夏音

ルージュブランスタッフブログをご覧の皆様
こんにちは!

新ドラマが始まり
わくわくをしている半田がお送りいたします

本日は植樹の儀についてお話したいと思います

植樹の儀とは・・・

新郎新婦が木や苗に水を注ぐ演出のことです

もともと木は家族や子孫繁栄の象徴で
結婚式では新しい家庭をふたりで一緒に築き大事に育てていきますという
意味も込められています

そしてこの注ぐ水はご両家のお水であることが多いのです

「それぞれの水(環境)で育った新郎新婦が新たな家庭を築いていけるように」

そんな素敵な意味合いで行っています

ある新郎新婦様は

オリーブの木を使用しました

オリーブの木は「夫婦の木」「幸せを呼ぶ木」といわれています

待合室にてゲストの皆様には
肥料となる土をそれぞれ盛っていただき

ゲストの方の協力のもと完成できます

挙式の際にも
中庭でのイベントでも映えるこの演出!

オリーブの木ではなく
おふたりらしい木を選んでいただくことも素敵ですね★

気になる方は是非プランナーへお声掛けください!

最後までお読みいただきありがとうございました

半田